斜視の症状と原因とは

私たちがものを見るとき両方の眼がみようとするものの方向を向きます。

しかし斜視は片方の眼がみようとする方向を向いていてももう片方の眼が
違う方向を向いていると言う状態、つまり両目の見る方向が左右ずれてい
る状態のことです。

斜視が起こる原因としては眼を動かす筋肉や新家にわずかの異常があること
で眼の位置がずれてしまうということや遺伝や脳の一部もわずかな異常が
原因となって両眼視がうまくできず、それぞれの眼が違った方向をみるよう
になってしまうことなどがあります。

また遠視が原因のこともあります。

目はものをみるときにそのものにピントを合わせますが近くをみるときには
目は内側によります。

遠視では強くピントを合わせなくてははっきりと見えないので目がかなり内側
によってしまって起こるのです。

また病気や怪我で片方の目の視力が悪くなると両眼視ができず、視力の悪い
ほうの眼が斜視になることがあります。

この場合はその眼が外側を向くことが多くみられます。奢侈は子供に見られる
こともある症状ですが、生後6ヶ月めでは診断ができないと言われることがあり。

しかしそれは間違いです。

確かに視力も眼球運動も生後半年まででは発達し始めたばかりであるため常に
両目の視線が真っ直ぐになるとは限りませんが、基本は真っ直ぐな目の位置です。

常に内斜視であったり、外斜視であったりすれば先天的な眼の病気が原因で起
こっていたり、眼の病気ではなくても弱視になりかけていると言うこともある
ため早めに眼科専門医を受診することが大切です。

斜視というのは、子供のころに見つかることが多いのですが、斜視と同様に
子供によくあるのが仮性近視です。
仮性近視も対処によっては回復する可能性もあるので見つかったあとどのよう
に対処するかが重要です。